新機能 有料(前払い)イベントにおいて、参加費の領収データ発行が可能になりました。詳しくは こちら をご覧ください

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月

10

Rによる実証分析@秋葉原

いよいよ本題の因果関係へ突入!

Registration info

参加枠1

Free

FCFS
8/12

Description

勉強会の趣旨


前半の回帰分析から、 後半の因果推論へ突入!

計量経済学を起点に、 実生活のデーターを Rで分析しましょう。

アジェンダ

午後6:45開場

内容 時間 発表者
6 相関関係と因果関係 7:00~7:40 やまかわさん
7 内生変数と外生変数 7:40~8:30 やまかわさん
ディスカッション 8:30~9:00 参加者

タームスケジュールは参加者の熱気によって、変動します。

遅刻、冷やかし大歓迎。

対象者


因果関係は相関関係を含意しないと思う人。

or

Rが好きな人。

or

秋葉原を愛する人。

持ち物


Rによる実証分析

主催者


SQLが分かればデータサイエンティストになれるという一言に乗せられはや一年。

少年老いやすく、学成り難しを実感するヒヨコ。

Presenter

Feed

NobuyukiYamakawa

NobuyukiYamakawa さんが書き込みました。

2017/03/23 09:00

「原因と経済」の経済学の中で、この手のデータが大量に紹介されているサイトが示してありました。http://www.tylervigen.com/spurious-correlations

NobuyukiYamakawa

NobuyukiYamakawa さんが書き込みました。

2017/03/22 13:00

気温対海賊数のデータを拾ったので資料上げました。

NobuyukiYamakawa

NobuyukiYamakawaさんが資料をアップしました。

03/22/2017 12:59

NobuyukiYamakawa

NobuyukiYamakawa さんが書き込みました。

2017/03/13 10:24

7.3.2の代わりに使ったデータセットは、library(OpenMx);data(twinData)です。

このよのはる

このよのはる さんが書き込みました。

2017/03/10 19:08

かしこまりました!

m-aka

m-aka さんが書き込みました。

2017/03/10 18:58

参加が30分程度遅れます。ご連絡が直前となり申し訳ありません。

norinory

norinory さんが書き込みました。

2017/03/10 18:54

30分ほど遅れて参加します。

このよのはる

このよのはる published Rによる実証分析@秋葉原.

03/06/2017 18:24

Rによる実証分析@秋葉原 を公開しました!

Ended

2017/03/10(Fri)

19:00
21:00

Registration Period
2017/03/06(Mon) 00:00 〜
2017/03/10(Fri) 19:00

Location

SPACE BRIDD 秋葉原、部屋は2A

東京都台東区台東1丁目13−9 BRIDD 秋葉

Organizer

Attendees(8)

tobin

tobin

Rによる実証分析@秋葉原に参加を申し込みました!

SSS3

SSS3

Rによる実証分析@秋葉原 に参加を申し込みました!

6709r

6709r

Rによる実証分析@秋葉原 に参加を申し込みました!

m-aka

m-aka

Rによる実証分析@秋葉原に参加を申し込みました!

rakuda1007

rakuda1007

Rによる実証分析@秋葉原に参加を申し込みました!

cougar

cougar

Rによる実証分析@秋葉原に参加を申し込みました!

カレーちゃん

カレーちゃん

Rによる実証分析@秋葉原 に参加を申し込みました!

norinory

norinory

Rによる実証分析@秋葉原に参加を申し込みました!

Attendees (8)

Canceled (5)